メインの画像
中国切手買取価格.net|誰も知らない地域の差~口コミ評判業者 TOP

中国切手買取で高く売る方法とは

私は長年、大阪の空港職員として働いてきました。世界各国からの観光客がひしめき合う空港で働く、ということに誇りを感じています。そんな私の昔からの趣味は、切手を集めることです。職業柄、外国人の観光客と接する機会が多く、中でもやはり中国人観光客が多いですね。頻繁に日本と中国を行き来する観光客とは顔見知りになり、中には、私が切手を集めていると知ると、わざわざ中国から切手を送ってくれたり、次の来日の際に持ってきてくれる人もいます。おかげで、所有している切手の中でも中国切手が非常に多いです。

そんなこんなで私の切手コレクションは、切手ファイルにして60冊ぐらいはあります。しかし間もなく定年を迎えるので、少しでも老後の生活資金の足しにしたいと思い、切手を売ることに決めました。

もともと切手を売ることができるということは知っていましたが、できれば高く売りたいし、どのように売れば良いか具体的な方法もわかりませんでした。それから、地域によって同じ種類の切手でも買取金額が違うなんてことはないのだろうか、需要の多いイメージのある東京の方が買取金額が高いのではないか、などの疑問もありました。

そこで、中国切手や切手コレクションを高く売るための情報を、インターネットの口コミサイトを巡って集めました。調べた結果をまとめたのがこのサイトです。これから中国切手や切手コレクションを売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

口コミ色々
サブ画像
サブの画像

中国切手買取において、売却前の時点で情報をゲットすれば、あなたが予想する以上の高い金額で売却することも決して難しいことではないのです。要は、売る前の段階で一括査定をやって買取相場をインプットしておくことが肝心だと断言します。
切手買取における相場をまとめた表をご覧になったことがありますか?これは日常的に買取専門業者の営業マンの虎の巻的なアイテムであり、通常の場合一般的な相場が示されています。
どの買取業者の査定にも不満があるのなら、他で査定をしなおす方が賢明です。詳細に見てもらい査定をして貰ったからと言って、決してそこにお願いしないといけないなんてことはないのでご心配なく。
今現在でいくらの値が付くのか?その切手の状態、種類、バラかシートか等、状況によって全然違います。切手には相当な種類があるのが常識です。

何が何でも良い値段で切手を売却したいのなら、なるべく多数の買取専門業者に査定を頼んで、最も良い値段を提示してきたところに買ってもらうことにしないとならないのです。
少なくとも5件以上の業者に査定してもらうべきです。その中でも出張買取を頼むことによって、かなりのメリットがあるという話を聞きました。自宅に居ながら査定員が都合のいい時間に来てくれるのです。

査定前に準備しておくべき心構えとは何かを理解していれば、切手買取時のやり取りが円滑に終了すると考えられます。
査定の際に買取金額について知っておいてほしいのことは、買取を交渉するときにメリットのない状況を作らないように、交渉につく前に売却の相場価格についてはリサーチしておいてください。

あまりにも何も知らないと見せられた査定額が満足のいく良いものなのかジャッジができないので、シッカリと信頼のおける業者を選んでおきましょう。買取相場がどれくらいの額なのかに関してチェックしておくことが不可欠です。
過去に買取業者に出向いて、営業担当の人のこなれた話術やスタッフの働きぶりを見て、流れで売ってしまったというエピソードも聞く機会があるのですが、切手を売却する場合においては、冷静な判断が必要です。
なるべく数多くの情報を入手してください。実際的に査定とはどういったものかをはっきりと掴む事が出来れば、難しいようなことはないはずです。このサイトがみなさんのお役にたてれば非常にうれしいです。

日本の切手は海外から人気がある、そう聞いた時、あなたはどう感じるでしょうか?近年、海外諸国から「クールジャパン」と呼ばれ評価されている日本文化の中では、アニメや漫画が特に有名です。実はそれらを好む方の中には、日本の文化が凝縮された切手をおおいに愛してくれる収集家が少なくはありません。

なぜアニメや漫画を好きな方が?と考えるかも知れませんが、諸外国の方にとっては、イラスト作品は等しく「マンガ」として認識されています。海外へ輸出されて世界的な人気を得たキャラクターの特殊切手は子供へのプレゼントにもなりますし、浮世絵や和服姿の描かれた切手ならば、その日本的な美しさで大人にも喜ばれます。しかもコンパクトに収納が出来て持ち歩きも極めて簡単、シートをばらせばそれだけでかなりの人数のおみやげにも出来ますし、日本の切手は種類も多様なので、一朝一夕では網羅できない。これだけの要素が揃えば、切手収集家ならずとも好まれるのは頷けます。

では彼らはいったいどこで切手を手に入れるのでしょうか。よほどの日本通でもない限り、専門店は中々見つけられませんし、利用するにも敷居が高く感じるでしょう。郵便局に行くのが確実ですが、普通の郵便局では基本的に現行の切手、あっても2~3年前までの品があるかどうかですので、それを過ぎた期間限定品や発行枚数が限定されている記念切手を探す面白みに物足りなさを感じてしまう。

初見の海外旅行者や出張で来た人といったケースと、楽しむ方法とを併せて考えた時に浮かび上がってくるのが「金券ショップ」です。そこならばプレミアムの有無も査定済みですし、店舗も気軽に入れるようにとても配慮されています。一歩足を踏み入れればお客様として丁寧に扱われ、上質な対応が一切の手数料も無料で受けられます。高額な物も一目瞭然ですし、その他にも可愛らしいデザインの年賀はがきや郵便はがきも入手できる可能性も高い。これだけ揃えば理由としては納得ですね。

今、日本の切手は国内の限られた郵趣のみではなく世界的に魅力あるものへと成長を遂げています。あなたの身の回りで切手コレクションの整理や処分が必要になった場合、普通ならば使用したり同じ趣味の方に譲ったり、あるいは別の何かと交換する方法などあるかもしれません。その選択肢の中に、切手買取業者の存在を入れてみるのも良いのではないでしょうか。