メインの画像
中国切手買取価格.net|誰も知らない地域の差~口コミ評判業者 TOP切手を売却するならココ! >中国切手買取価格1

中国切手買取の傾向と地域差

中国切手をできるだけ高く売りたいと思い、地域と買取価格の関係についていろいろ調べている中で、わかってきたことがあります。以下にまとめておきたいと思います。

中国切手を高く売るなら、地方の業者に売るよりも、都市部の業者に売る方がお得です。なぜかというと、切手買取業者は都市部の方がたくさんあるから、切手買取業者同士の間で競争が起きるからです。誰しも、高く買取してくれる切手買取業者に売りたいと思いますから、「(他社)の方が高く買取してくれる」という評判が立つと困ります。

特に、頻繁に売買の発生する普通切手シートではなく、人生のうちにそう何度も売ることのない中国切手の買取などであれば、皆さん慎重になりますから、複数社に査定してもらう人も多いでしょう。同業他社が近所にたくさんあるような都市部の場合、同じ切手を複数業者に見てもらって、最も査定額の高いところに売るということが容易にできますから、都市部・特に東京の方が中国切手の買取価格が上がるわけですね。

では、地方に住んでいれば、高く売ることをあきらめないといけないのでしょうか?いいえ、決してそのようなことはありません。東京方面の切手買取業者に宅配買取してもらっても良いですし、東京に本社があって、東京の中国切手相場をそのまま全国に適応しているような切手買取業者に出張買取に来てもらえば、損をすることはないと思います。

「中国切手は価値がある」「中国切手は高額買取してもらえる」などとよく聞きますが、実際のところはどうなの?と思っている方は多いと思います。私も、自分が売りたい切手コレクションの中には中国切手がたくさん入っていましたから、「本当に高く売れるんだろうか?売れたらいいのだけれど。」という期待が半分、「どうせ噂だけだろう。売れないだろう。」という気持ちが半分といったところでした。中国切手の買取価格についての情報をまとめました。

中国切手は、日本で売るなら、買取価格が基本的に額面より下回る日本の最近の記念切手よりは価値が高いかもしれません。ですが、中国切手も「中国切手なら何でも高額買取してくれる」というわけではないようです。中国切手にも額面価格を上回るプレミア切手とそうでないものがあります。

中国切手のプレミア切手としては、まず「文革切手」が挙げられます。文革、すなわち文化大革命時代(1966年~1977年)には切手収集が禁止されたり切手が捨てられたりしたので、この時代の切手は少ないために価値が高いです。それから、中国らしい動物や中国の有名人をモチーフにした美しい切手なども額面より随分高い値段で買取されているようです。