メインの画像
中国切手買取価格.net|誰も知らない地域の差~口コミ評判業者 TOP中国切手の買取の基本 >中国切手買取価値1

高く売れる中国切手とは

中国切手の価値はどのようなポイントで上がったり下がったりするのでしょうか?いろいろな場合を調べてみました。

まず、中国切手の価値について、切手コレクターの間では常識レベルのことですが、1枚で数十万円もの値段がつくものも数多く存在しています。日本のプレミア切手以上に「持っていればお宝!」という切手が結構あるわけですね。というのも、中国国内で切手収集が禁止された時代もあるため、現存する数が非常に少ない切手が多く、これはすなわち希少価値が高いというわけなのです。このような中国切手であれば、使用済み(消印入り)のものでもなかなかの値段で買取してもらえることもあるそうですから、切手コレクションだけでなく、昔の手紙などもチェックしてみると良いかもしれません。

中国切手の価値が上下する要素について考えるときに、中国切手はシリーズものが多いという点に注意する必要があります。中国切手は、3種や4種、多いものでは十数種の違う絵柄の切手がセットになっているものがしばしばあります。連なったシート状で持っているのが一番高く売れるのはもちろんですが、バラになっていても、全種類揃っていると高評価・高価買取してもらえる可能性が高いです。逆に、1枚・2枚といったバラの状態であれば、揃っている場合の1枚当たりの価値よりは随分下がってしまうこともあります。査定に出す場合は、「実はシリーズ全部持っているのに保管がバラバラなだけ」なんてことがないか、よく確認しましょう。

中国切手は何故価値があるのでしょうか。また、どのような価値があるのでしょうか。中国切手の価値の決まり方について調べてみました。

まず、中国切手には独特の色使いやモチーフ、雰囲気がありますね。他の外国切手と同じように、美しさという点からコレクションしたいと思うコレクターの方はたくさんいらっしゃいます。美しい切手というのは発売当初から価値が高く高額取引されることが、どこの国でもあります。

それから、切手に限らずなんでもそうですが、欲しい人の数に対してものが少なかったりすると、ものの価値は上がりますね。希少性というやつです。中国切手はまさにこの希少性が高い切手が多いのです。なぜかというと、文化大革命時代は中国国内での切手収集や切手の輸出が禁止されていたため、中国国内に当時の切手が残っていないからです。政治的モチーフの有名な切手がたくさん発行された時期でもありますから、「欲しい切手の種類は多いのに切手の数は少ない」という状況なのですね。

もうひとつ中国切手の価値を左右するポイントがあるのでご紹介しておきましょう。それは、中国切手にはシリーズものが結構あり、全種類揃っているかバラ・あるいは数枚足りないかでは買取価格が全然違ってくるということです。もし、中国切手をたくさんお持ちの方なら、どれとどれがシリーズなのかをよくチェックして、まとめて売った方がお得ですよ。