メインの画像
中国切手買取価格.net|誰も知らない地域の差~口コミ評判業者 TOP中国切手の買取の基本 >中国切手買取相場

中国切手の価値を切手の歴史から

中国切手にはどのようなものがあるのでしょうか。どんな中国切手があるのかについては、『新中国切手カタログ』を見てみると良いでしょう。『新中国切手カタログ』は、1949年の建国から現在までの中国切手が全部掲載されているカタログです。このカタログは、切手がただ並べられているだけでなく、切手の現在の評価額もわかります。中国切手の相場を知りたい方は是非チェックしてみてください。なお、切手に取り上げられる人物や出来事には、その時その時の政治事情や体制が反映されているため、中国の近・現代史を知ることもできます。

さて、中国切手の買取相場は、ここ数年ぐっと高くなっているようです。相場の揚がり具合は落ち着いてきたとはいえ、高額買取されていることには間違いありません。というのも、現在中国ではバブル景気なので、かつての日本で切手ブームが起きた頃のように、中国でも切手の収集が人気なのです。更に、中国では投機目的に切手を集める人もいるそうですよ。ちなみに、文化大革命時代の切手などは残存数が少ないために希少価値が高く、買取価格が高くなっています。中国のバブルがはじける前に売った方が良いという情報もあります。

馬

外国切手についても同様に、美しいものや希少価値のあるものは高額買取されますよ。

中国切手というのは、最近とても相場が上がっているようですね。私などは「価値があるから欲しい」というよりは、各地の様々なデザインのもの、その土地らしい雰囲気のものを取りそろえたいと思っていただけですので、中国の切手を中国人留学生からお土産として気軽にもらったりしていたのですが、現在の高額取引具合を見ているとちょっとびっくりしてしまいます。中国切手はいつからこのように人気があり、相場が高いのでしょうか?少し調べてみました。

まず、中国切手の中でも今評価が高いのは、現在の中国、すなわち中華人民共和国になってからの、いわゆる「新中国切手」と呼ばれる切手です。切手の一覧や評価額を知りたい方は、新中国切手カタログなどをチェックすると最新情報を知ることができます。

中国切手の買取相場が最近上がっているのは、かつて日本で切手ブームが起きたときと同じように、現在の中国はバブル経済で、中国富裕層が趣味としても投機目的でもプレミア切手を買い集めているからです。特に、中国では文化大革命時代には「切手コレクション=西洋文化=廃止すべき」という考えで切手の収集が禁止されていたので、当時の切手の残存数が少なく、日本にまで高額買取しにくるような業者やコレクターもいるようですよ。

中国切手の買取相場について、歴史的変遷も踏まえて詳しくご説明しています。 中国切手はかつて収集が禁止されていました。 1966年に毛沢東により始まった文化大革命の時代では、発行された切手はすぐに破棄されていたのです。 そのため、当時のものが状態の良いまま残っているということはほとんどありません。 また、のちに中国切手の輸出も禁止されましたから、日本国内に入ってくる数もかなり少なかったようです。 そのほとんどが中国に旅行した方のお土産として、というものだったようなので、日本国内でも非常に稀少価値が高いとみなされています。

現在発行されている中国切手に関してはこのような規制がないので高額査定となることは少ないのですが、昔のものであればあるほど高額買取になる可能性を秘めていると言えるでしょう。 特に現在は中国バブルの真っただ中ということもあり、中国の資産家がこぞって投資目的で中国切手の収集にいそしんでいます。 ですので、買取をしてもらうなら間違いなく今がおすすめで、今が高額買取の大チャンスといっても過言ではありません。

基本的に外国切手の買取はプレミアが付けられている品物以外は額面割れがほとんどのようなので、少しでも高額で買取できる今、まとめて買取してもらうほうが良いみたいですよ。 また、毎年発行されている新中国切手カタログには評価額のチェックなども掲載されているので買取価格の参考になるのではないでしょうか。