メインの画像
中国切手買取価格.net|誰も知らない地域の差~口コミ評判業者 TOP中国切手は歴史がある >中国切手赤猿

中国切手の「赤猿」は高く売れる!

中国切手の「赤猿」は、中国切手コレクターなら誰でも知っている切手です。1980年に発行された中国では初めての年賀切手で、赤い背景に子ザルが1匹座っている絵柄の切手で「子ザル」と呼ばれることもあります。1980年の干支が猿だったわけですね。“干支”という考え方はもちろん中国でできたもので、その中国で発行される干支の切手ということですから、発行当初から大変な人気がありました。猿の毛が1本1本わかるような美しく丁寧な絵柄も人気の理由のひとつのようです。現在でも高額買取される中国切手です。もともと発行枚数も多くなかったのでプレミア価値が高いというのもありますね。

赤サル

赤猿は未使用品・状態の良い超美品であれば、子ザルの顔が金色をしています。金粉がまぶされていたようです。お手元にもし赤猿があるという方がいらっしゃれば、その顔の色もチェックしてみると良いでしょう。

さて、気になる赤猿のお値段についてもご紹介しておきましょう。私が見たインターネット上の情報では、赤猿が1シート(80枚)そろった状態で800万円で買取されたことがあるんだとか。中国国内でも、赤猿を当時ノルマとして交わされた郵便職員が、30年経ってから売りに出したらなんと1億2,500万円程度の値段で売れたという驚きのニュースもあるようです。

赤い猿なのではなく、赤い背景に子ザルがちょこんと座っている絵柄の切手です。発行年は1980年。30数年前に発行されたというと、切手の中では比較的新しく感じますが、この「赤猿」は発行当初から人気が高く、高額取引されていたようです。

この「赤猿」がなぜ人気なのかについても調べてみました。「赤猿」は、中国で初めての年賀切手なんだそうです。年賀切手となればもともとの発行枚数も限られていたでしょうし、発行年の1980年の干支にちなんだ猿の絵の切手、干支発祥の中国で人気があるのもうなずけます。

また、この「赤猿」、もともとは猿の顔が金色をしていたそうで、お手元の「赤猿」の猿の顔色が金色なら保管状態も良かったという証拠になり「極上品」として評価され、買取価格がぐんと上がるかもしれませんよ。

これこそが通称”赤猿”と呼ばれている種類で、高額買取をしてもらえる中国切手の一枚になります。 1980年に中国で発行された正式名称「子ザル」は、中国で初めての年賀切手として非常に大きな注目を集めました。

干支の発祥地である中国から年賀切手が発行されること、発行枚数自体がかなり少なかったことなどから、発売当初から人気が沸騰したと言われています。 郵便配達員が日常的に赤猿を盗んでいたとも言われているほど、当時の人気ぶりはすごかったようですね。 赤猿は非常に人気が高い品物なので、品物の状態の良さはかなりチェックされるようです。 本来、描かれているサルの肌は金色をしています。 顔の部分が面積が大きいのでわかりやすいのですが、金色をしているものが極上品扱いとなるのだとか。

一方で、並品になりますと金色が少し黒ずんでしまうようです。 これは焼けによる劣化が原因となり、査定額が下がってしまう要因に。 ここまではっきりと劣化状態がわかりやすいものは少なく、また買取価格にも大きな影響を及ぼしますから、保存状態にも気を配りたい種類のひとつといえるでしょう。